ここでは履歴についてまとめていきますが、履歴と聞いて一番イメージがつきやすいのは履歴書ではないでしょうか。

履歴書は一番身近に書いたりするものですので、自分のこれまでの歴史などを書くとすると、履歴書が一番身近に感じられるでしょう。

そうした一般的な履歴書についてもここではまとめていますし、履歴詐称についてもまとめています。

履歴詐称、これはそのままなのですが、自分の履歴に嘘をつくことをいいます。

タレントや芸能人、代議士などが履歴詐称をした問題がテレビなどで取り上げられることもありますね。

卒業した大学を偽ることもあります。

卒業していないのに卒業したことにしていたり、卒業した大学は別の大学なのにその大学を卒業したことにしていたり。

様々なケースがあると思いますが、こうした履歴詐称があります。

この履歴詐称をするシーンというのは人によっても様々なのですが、例えばいいように履歴を詐称することもあれば、反対に、言いたくないことを隠すために履歴詐称をすることもあるでしょう。

知られたくないことがあって、その事実を隠してしまうケースです。

風俗、男性ニート、主婦など履歴詐称をするケースについてもここでは取り上げているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、最近の履歴詐称と言えば、日本テレビのアナウンサーが内定を取り消されたという問題がありました。

これはホステス歴があったことがわかったために、内定を取り消されたのですが、このケースは詐称していたわけではなくて、入社が決まる前に、応募の段階では申告していなかったホステスのアルバイトの件を入社が決まってから、伝えたところ内定が取り消しになったという問題です。

ホステスをしていたことを入社が決まってから申告して、そして内定取り消しになるのは不当だとして裁判沙汰にまで発展しているのですが、やはり、これまで自分が歩んできた履歴というのはとても大事なことであり、それは業界によっては許されない履歴であるかもしれません。

ただ業界で許されないのであれば、応募の段階で、このような履歴がある方は採用できないと、一言付け加えておいたらよかったのではないかという疑問も残りますが現在もまだ審議中です。

このように、履歴についてこのサイトではまとめています。

履歴を隠したいというのは確かに誰もが思うことでしょう。

自分を良く見せたい、自分の悪い部分を見せたくない、これは誰だって思うことかもしれません。

しかしそれをしてしまうと事実が歪んでしまいますのでしてはいけないのです。

涙活は心のデトックスとして注目されています

毎日が慌ただしく過ぎると、気持ちが着いていかないことがあります。心のケアは、体のメンテナンス以上に重要です。1日数分でも「涙活」をしてみてはいかがでしょうか。軽やかな気持ちで、明日への活力が湧いてきます。

「涙活」は心のデトックス

感動し自然に涙が出るような作品に触れ、積極的に泣くことを「涙活」と言います。心に引っかかっている不安・不満などがすっきりと消え、笑顔を増やす効果があります。まさに、心のデトックスです。

始めは女性の間で人気になり、徐々にポピュラーな活動になりました。サークル活動として取り組む方もあり、今では男性も取り組むようになりました。最近は、脳科学の専門家や教師など、多分野のプロも泣くことの効果に注目しています。

ノスタルジーに浸ることで前向きな気持ちになる

例えば10代の事を思い出すと、誰でもくすぐったい程の幸福感に包まれます。忘れたいエピソードも、ずっと覚えておきたい出来事も、鮮明に記憶に焼き付いているでしょう。

初恋・お付き合い・失恋を経験した方は、何を置いてもその事を思い出すはずです。エピソードだけでなく、その場の景色・流れている音楽など、全てが数分前に起きたことのように感じられます。中には苦い思い出に身がよじれるような思いの方もいるでしょう。携帯電話が親と共用で、履歴削除に追われるといった体験は、今となっては微笑ましい思い出です。

過去の出来事にこだわっていると、考えはネガティブになる一方です。しかし、感情・記憶・思考の全てで過去の自分に戻ると、ピュアな気持ちがよみがえり、活力が湧いてきます。この後押しをするのが「泣く」という行為です。

涙を流すとリラックス効果がある

泣くという行為は、心に緊張を与えます。普段涙を流していない人ほど緊張は長く続き、反動によって気持ちがほぐれる効果が得られます。筋肉のストレッチと同じで、しっかりとほぐせばその後より強くしなやかなコンディションを維持できるようになります。常にストレスにさらされる現代人にとって、心を強く保つスキル「涙活」は今後よりポピュラーになっていくでしょう。

「涙活」は、1ヶ月に2〜3分行うだけでも、効果があると言われています。誰かと一緒に感動系の動画を見る、1人で名作を読んで静かに泣くなど、あなたらしいスタイルでチャレンジしてみましょう。レンタルDVDや電子書籍など、手軽な方法を上手に活用するのもオススメです。